ブラックでキャッシングできない

 キャッシングには、ブラックリストと呼ばれるものがあり、お金を借りても返さないような客に対しては、融資をしなくなるというものがあります。

 ブラックリストに名前が載るのは、何の理由もないのに、2カ月以上返済を遅らせたという時などです。

 どんなことをしたかにもよりますが、ブラックリストに名前が入ると、以後5年は新規のローンやキャッシングが組めなくなります。

 ブラックになって以後もキャッシングの必要性が生じて、あちこちの金融会社に申し込むという人もいます。

 ブラックリストに名前が載っている人に融資をする金融会社はまずありません。

 ただし、非合法の会社ならばまだ可能性があります。

 独力で返済がしにくいと判断したら、取り返しのつかない自体になる前に行動しましょう。

 キャッシングの融資金が返しづらくなった時、何の手も打たず時の経過を待っていると、事態は悪くなるばかりです。

 万が一、返済が難しくなってきたと感じたら、キャッシング会社に正直に話しをするのもいい方法です。

 キャッシング会社側の判断によっては、毎月の返済金額を少なくしたり、利息を減らすなどの手続きをしてもらえます。

 今の収入で、どうすれば完済できるかを考えましょう。

 新規のキャッシングをしていては、借金がふくれるばかりです。

 全額返し終わったからといって、次のキャッシングをしないようにしましょう。

 ブラックリストに名前が残っている5年間は新しいキャッシングはどのみち借りられません。

 その上、審査で断られると、このことがブラックリストに書かれてしまいます。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial